本文へスキップ

電子定款の作成と認証手続きの代行(全国対応9,980円)で、株式会社・合同会社・一般社団・一般財団の設立をサポート!

TEL. 03-6279-8041

「電子定款・会社設立」無料相談会開催中!
年中無休:午前9時から午後7時まで



ホーム > 会社の変更手続き代行 > 公告方法の変更

■公告方法の変更

公告方法とは

会社は、公告方法として、次に掲げる方法のいずれかを定款で定めることができます(会社法939T)。

(1)官報に掲載する方法

(2)時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法

(3)電子公告

上記の定めがない会社の公告方法は、官報に掲載する方法となります(会社法939W)

★電子公告を公告方法とする場合についてご説明します。


電子公告制度について

電子公告制度の導入のための商法等の一部を改正する法律(平成16年法律第87号)が平成17年2月1日から施行され,これまで官報か時事に関する日刊新聞紙に限定されていた公告方法に加え,インターネットを利用して公告を行うことができる制度が導入されました。

【電子公告とは】

従来,会社が官報や日刊新聞紙に掲載する方法により行っていた合併や資本減少等の公告を,ホームページに掲載する方法によって行うことをいいます(商法第166条第6項)。インターネットを利用して,公告の内容が掲載されているホームページにアクセスすることによって,その内容を知ることができます。
なお,電子公告は,株式会社のほか,合名会社・合資会社・合同会社が行う合併,会社分割等,監査法人等(注)が行う合併の際の債権者保護手続について利用することができます。

(注)「監査法人等」には,監査法人,弁護士法人,弁護士会,司法書士法人,土地家屋調査士法人,行政書士法人,税理士法人,税理士会,社会保険労務士法人又は特許業務法人が含まれます。


公告方法の変更手続き

■公告方法の変更手続きの概要

●株主総会で、公告方法を電子公告とする定款変更の決議を行います。

●管轄の登記所で、公告方法の変更登記の申請を行います。

■公告方法の変更登記申請手続

・登記の申請期間
電子公告を公告方法としたときは、本店所在地では2週間以内に、公告方法の変更登記の申請を行う必要があります。

・登録免許税
公告方法の変更登記の登録免許税は、本店の所在地では3万円です。


バナースペース

運営者:横尾行政書士事務所

〒174-0071
東京都板橋区常盤台
1-35-25-1

TEL:03-6279-8041
年中無休:9時〜19時
「電子定款・会社設立」に関する
 無料相談会開催中!

e-行政ドットコム 
【対応エリア】 
電子定款フルサポート
●東京都23区(板橋区・豊島区・北区・練馬区・千代田区・中央区・文京区・江戸川区・荒川区・品川区・渋谷区・目黒区・大田区・足立区・葛飾区・杉並区・新宿区・墨田区・江東区・世田谷区・台東区・中野区・港区)
●東京都23区外(大島町・利島村・新島村・神津島村・三宅村・御蔵島村・八丈町・青ヶ島村・小笠原村・立川市・昭島市・日野市・武蔵村山市・東大和市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・西多摩郡・八王子市・武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・狛江市・多摩市・稲城市・町田市)
●埼玉県
●神奈川県
●千葉県
●茨城県
●栃木県
●群馬県

【電子定款作成サポート】
●北海道
●宮城県・福島県・山形県・岩手県・秋田県・青森県
●静岡県・山梨県・長野県・新潟県
●愛知県・三重県・岐阜県・福井県・石川県・富山県
●大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県
●広島県・山口県・岡山県・鳥取県・島根県
●香川県・徳島県・高知県・愛媛県
●福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・鹿児島県・宮崎県・沖縄県